外反母趾について

外反母趾はよくある病気になります。
特に中高年の女性や若い女性に多く見られます。
ここでは、外反母趾について詳しく説明していきたいと思います。

外反母趾とは、足の親指が足の小指の方向へ曲ってしまう病気になります。
身体の中心よりも足の親指が外側を向いているため外反母趾と呼ばれています。
男性よりも女性の人に多く認められる病気で、原因として遺伝説や素因説があるということや、履き物の原因説や、体重の増加による原因説がある病気になります。
この病気の症状としては、軽度の病気の場合には、足の親指が曲がってしまっているために、靴に当たり、腫脹や痛みを生じたり、靴に当たっている部分にタコができてしまったりします。
重度の病気の場合には、足のバランスを保つ役割もある足のアーチが崩れてしまい、足の親指や足の人差し指にタコができて痛みの原因となる場合もあります。
また、足の親指が足の人差し指の下側に入り込んでしまう場合もあり、足の人差し指が脱臼してしまったり、常に腫脹や疼痛を生じることもあります。
病気の治療としては、軽度の病気の場合には、保存的な治療を行います。
これは、靴の指導や減量指導や薬物治療、装具療法、リハビリ指導などが当てはまります。
また、ハイヒールなどの足先が尖った靴を履くのを避け、運動靴などを履くことを勧めます。
重度の症状で足のアーチが崩れてしまっている場合には、靴の中に入れる足のアーチや構造が崩れるのを防ぐために「中敷き」を作成したり、足底の筋肉を鍛える運動をして足のアーチを整えたりします。
さらに、骨の変形やひどい痛みを伴う場合には、手術をして対応する場合もあります。

外反母趾は、女性が多く罹患する誰にでも起こりうる病気になります。
足の様子がおかしいと感じたら病院を早めに受診して早めの対策を行うことが大切になります。